preg_replaceの第一引数でマッチした要素を第二引数の関数に渡したい場合

preg_replaceで第一引数のマッチパターンにマッチしたものを、第二引数で関数を参照しようとするとエラーが出てしまいます。


$test = preg_replace(
'/(.*)/',
'xxxx',
$some_string
);

そういう時は、preg_replace_callbackを使えばよいみたいです。


$test = preg_replace_callback(
'/(.*)/',
function ($matches) {
return 'xxxx';
},
$some_string
);

SourceTree(Windows)で差分の大きなファイルを開くと固まる

Windows10でSourcetreeを利用中、ある日突然、ある程度大きな差分を開くと「応答なし」が表示されて固まってしまうように。

「ブックマーク削除」で解決しました。案件ごとにブックマークに登録していたのですが、もう使わないブックマークを消していきました。

参考:

【Windows】SourceTreeが頻繁に固まるときの対処法

メールアドレスの規定・バリデーション

メールアドレスに使用できる文字列は規定されているようです。

メールアドレスのフォーマットを規定する文書として、RFCのRFC 5321 (Simple Mail Transfer Protocol) [1]およびRFC 5322 (Internet Message Format) [2]が存在し、メールアドレスに使用できる文字を定義している[3]。

参照元: メールアドレス – Wikipedia

RFC5321のドキュメントはこちら。

メールアドレスのバリデーションを見ていきます。

続きを読む →